ウイスキー買取はポイントを押さえて高額査定|眠るお宝を見つけ出せ

女性

価値が高いうちに売る

貯金箱

象牙というものをご存知でしょうか。名前の通り、自然に生息している野生の像の牙になります。若い世代にとってはなじみの薄い存在かもしれませんが、以前まではアクセサリーや彫刻、骨とう品などのアイテムと同様に市場で高額取引されていた代物です。象牙は国内以外でも大変人気が高く、世界中にコレクターが存在しています。ですがあまりにも需要が多すぎたことが原因で、国内では輸入そのものが禁止されています。そのため象牙の価値は以前にも増して高くなっているのが現状です。

もしも自宅に象牙があるのであれば、早いうちに買取してもらった方が良いかもしれません。象牙は資産として保有するアイテムとしては向いていません。理由としては時間が経過すると劣化が進み資産価値がだんだんと下がってしまうからなのです。ここでいう象牙とは、あくまでも象牙そのものの話です。象牙を素材にした骨とう品や彫刻品の場合、時間が経過しても資産価値は高いままですので、把握しておきましょう。

では実際に買取してもらう際に、査定のポイントはどこになるのでしょうか。最も重要視されるのは象牙の重量です。買取ショップによって査定基準が異なるため、一概には言えませんが基本的に重量が高額査定のキーポイントになりがちです。そのため自宅で保管しているもののサイズが大きければかなりの買取金額になるかもしれません。ここで注意しておきたいのが、象牙と思っていても硬質ゴムであったり、象牙の内部に別の素材が含まれたりいるケースもあるということでしょう。その場合、当然ですが買取価格はかなり低くなります。そのため買取してもらう前に、まずは簡易的な査定依頼をしてみるといいでしょう。